前 書  『H19.7.16 新潟県中越沖地震を体験して』    

 住む家が無事であった我が家は、市内でも中心部に位置していたため、自衛隊入浴施設や給水車のある避難所ま
で歩ける距離でした。また、ライフラインが他地域よりも早く復旧しました。ボランティアや自衛隊の方々の支援、自治
体や応援復旧隊の不休の作業があり、何とか元の生活を取り戻しつつあります。
 これはあくまでも私の体験記録です。
 避難所から遠く重い水を運びご苦労された人、小さな子供のいる方や高齢の方など、どれほど不安で大変な生活で
あったかと想像します。何よりも、生活の基盤が根底から壊れ、未だ不安な日々を過ごしている方がたくさんいます。
 この地震は、中越地方のあらゆる産業に大きな打撃を与え、地域経済への影響が住民への負担となって重く圧し掛
かるものとなります。
 それでも 「元気出していこう、輝く柏崎」
 皆様のご支援に感謝し、いつどこで起こるかわからない災害について、思いを巡らせてくだされば幸いです。
平成19年9月 新潟県柏崎市民 さき

inserted by FC2 system